たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  その他 その他

2018年05月15日

おしゃれ ♡ 夢にまで見たStrudels ♡ inモンタナホテルカフェ

モンタナホテルカフェでステキな出会い・・・オーストリアスィーツ




メニュー


『サウンド・オブ・ミュージック』の中でも大好きな歌、元気が出る楽しい歌・・・
crisp apple strudelsは、お気に入りのひとつ。
食べてみたいなぁと夢見ていたスイーツ。
おしゃれなお皿におしゃれな盛り付け・・・予想外の展開に大喜びicon12
crisp apple strudelsicon37


「My favorite Things ♪」 私のお気に入り歌詞
嵐の夜にマリアの部屋で子ども達と一緒に歌う歌。
Raindrops on roses and whiskers on kittens
Bright copper kettles and warm woolen mittens
Brown paper packages tied up with strings
These are a few of my favorite things!

Cream colored ponies and crisp apple strudels
Doorbells and sleigh bells and schnitzel with noodles
Wild geese that fly with the moon on their wings
These are a few of my favorite things!・・・

ベリー添えレモンタルト


アイスクリームとシャーベット


おしゃれなデザートに一同テンション上がりっぱなし。
もちろん「My favorite Things ♪」を口ずさみながらいただいた (^^♪

お店もチロル感あふれて可愛い

 


 メイン通りは色とりどりのお花でいっぱい


日本語パンフレット『夏真っ盛り』・・・日本との交流を実感。
ここに来るまで何の情報もなかったので・・・嬉しい発見!


今回は、モンタナホテル宿泊、カフェ、メイン通り散策、ショッピングのみ。
レッヒに行くことが目的、ザンクト・アントンは観光せず・・・
とても小さなチロルの村だけど、とっても魅力的。
のんびりステイして楽しみたい・・・
モンタナホテル予約時の大騒ぎはすっかり忘れていた。
嬉しい発見は旅の醍醐味・・・経験してみなっくっちゃわからない、ザンクト・アントンバンザーイ!
See you! MOTANA!\(^^)/






  


  • Posted by Ms Lemon at 18:21Comments(0)

    2018年05月14日

    チロルのテラスで贅沢ランチ

    レッヒ村でチロル料理ランチicon28まずはビールicon06


    チロル料理


    チロラー・グレーストゥル(ジャガイモ、ベーコンの炒め物)


    牛肉のコンソメスープ


    ハムサラダ


    キャベツの酢漬け


    HOTEL TANNBERGFRHOF のテラスでランチ icon28
    チロルの民族衣装の可愛いスタッフがお料理をサーブ。


    美味しい空気の中でいただくランチは格別・・・しあわせ~ face02



    レッヒ村を散策。








    レッヒの風景とエコバッグのコラボ写真 icon40


    可愛い水飲み場・・・ペットボトルに汲んでお持ち帰りicon22


    -absolutely natural-best quality drinking water- 英語表記あり。安心していっぱい飲んだ。冷たくて超美味しい


    待ち合わせのバス停にオヤジがいない・・・
    (風邪でダウン気味,散策はしないでベンチに座っているはず)


    具合が急変?? 捜し回ると・・・居ました、インフォメーションのベンチに。お騒がせface08


    インフォメーションのトイレに行ってベンチで休んでいると、ドイツから来た紳士に話しかけられ動けなくなったらしい・・・
    そのレッヒファンの紳士曰く、
    「レッヒは素晴らしい!毎年、訪れる。」と。

    レッヒは『ヨーロッパで一番美しい村』と紹介する地球の歩き方「ザルツブルクとチロル」のおっしゃる通り、「アルプスの自然とさりげなく触れ合うことができる・・」素敵な村。
    レモンおばさんもすっかりレッヒの大ファンになった!



    ポストバスでザンクト・アントンへ。







      


  • Posted by Ms Lemon at 11:32Comments(0)

    2018年05月14日

    ヨーロッパで一番美しい村、レッヒを歩く・・・

    レッヒ
    ザンクト・アントン駅前のバス停で9:10発92番のポストバスでレッヒに行く。


    レッヒ到着 9:45
    インフォメーションでハイキングコースのパンフレットをもらって出発!


    「ハーブの道」コース 
    隣村Zug(ツーク)まで所要時間約2時間
    レッヒ川と並行して続く林の中の平坦な道で、高低差がほとんどないので気軽に歩ける(地球の歩き方参照)


    10分ほど歩くと雄大な風景が目の前に広がってくる


    かわいい村・・・住んでみたい icon06


    素晴らしい風景にしばし撮影タイム icon40 どこを撮っても絵になる


    レッヒ川が見えた! 

     あの小道の先は・・・ワクワク


    ハーブ? 黄色いお花畑が広がる小道・・・


    牛たちもウェルカム・・林からもそっと出てきて、目の前でクルッと回って戻って行った。


    クナイプ泉の施設らしいが・・・泉はない face07


    『Zuk 25min』 表示あり。

    林の小道からレッヒ川沿いの小道へ・・・


    バーベキュー施設・・・こんな贅沢な自然の中で食べるお肉ってどのくらい美味しいんだろう??

     
    オヤジは休憩タイム・・・ハルシュッタトでうつされた?風邪で体調最悪 



     ハーブ畑・・・

     レッヒ川に下りて休憩・・・ぐったりしていたオヤジも水を得た魚icon10
    アルプスの水は驚くほど冷たい・・・5秒入るのがやっと


    ツーク村が見えた


    お花が可愛い




    ツーク村到着!12:00 ここもまた絵になる風景 icon12


    うーん、絶景!


    Beautiful! 吸い込まれそうなチロルの眺め


    村に上って行く

    バス停発見!ポストバスでレッヒに戻る


    約2時間のハーブの道ハイキングコース。
    可愛い花たちを見ながら、自然の中に溶け込んだ小道を歩く・・・自然を大切に整備し守っているチロルの人たちの想いが伝わってくる yotsuba

    「90才になっても楽しめるコースよ!」

    ここでお会いした日本からいらしたおばさまたち4人。
    ドイツミュンヘンでレンタカーを借りて、レッヒに宿泊。
    ハイキングを楽しみ、ザルツブルクへ向かうという。
    その中の一人の女性、
    「去年もここに来たの。あまり素晴らしかったので、今年はお友だちと一緒に。90才になっても歩くことができるコースよ。」
    と話す笑顔が忘れられない・・・

    レッヒで宿泊すると、レッヒカードがもらえる特典あり。
    いつかレッヒで泊まり、思う存分楽しみたいhinode
    そんな気持ちが芽生えた素晴らしいハーブの道ハイキングだった!


















      


  • Posted by Ms Lemon at 10:32Comments(0)

    2018年05月13日

    ザンクト・アントンのスーパーで爆買い・・・

    2017/7/6 
    快晴icon01朝から、スーパーでショッピング


    水曜日は7:15開店。
    昨夜、チェック済み。


    スーパーは地元の生活感があってとても楽しい


    オーストリア鉄道でいただいたお菓子発見!
    Prinzen(王子様)チョコをサンドしたクッキー。
    自分用にいっぱい買ったicon22face02


    オーストリアのお土産も売っていて、朝から爆買い!
    インスブルックで時間がないのに、焦ってお土産を買うことなかった・・・
    ゆっくり、買い物を楽しんだface02

    通りにあったゴミ箱・・・なぜか撮ってしまう



    朝食 8:00~
    私たちだけ・・・












    貸し切り状態で、のんびり朝食を楽しんだface02
    宿泊客は2組だけだったけど、ハム、チーズ、パン、シリアル・・・種類も豊富、満足icon12
    チロルの雰囲気のダイニングルームで朝食できて幸せicon06





      


  • Posted by Ms Lemon at 23:13Comments(0)

    2018年05月11日

    ザンクト・アントンはスキーヤーの聖地、そして日本発見!

    ザンクト・アントン・アム・アールベルク
    「アルペンスキー発祥の地」
    標高1304m。人口が約2600人と小さな村.
    オーストリアを代表するリゾート地。
    1930年代から数回来日.
    日本でも「スキー術」(当時)を教えたハンネス・シュナイダーの生まれ故郷。
    野沢温泉村と姉妹都市。


    ホテルに荷物を置いて村を散策。エーデルワイスのお店

    エーデルワイス

    水飲み場?もかわいい


    ハンネス・シュナイダー
    1907年にスキー学校を設立。世界中にアルペンスキーの技術を広めた。



    日の丸も・・・


    インフォメーション

    不思議な日本語「極度乾燥(しなさい)」
     夜8時なのに、ハイキング帰りのファミリー?

    村のはずれにはロープウェー・・・


    駅へ戻り (ロザンナ川と山・・・いい感じ!)

     レッヒへ行くバス停と時刻表を確認



    ドルフ通りではチロルの民族衣装の音楽隊のパレード

    広場でイベント 21:00から。

    ほとんどがご年配の観光客・・楽しそう


    ヨーロッパの夏は長い・・・
    21時すぐから、思わぬチロルの小さな村で野外コンサートを楽しむことができてハッピーicon37
    そして、村のメインのドルフ通りでは、日の丸、日本語、日本食レストランに出会いとっても嬉しく良い気分 face02
    明日のレッヒハイキングに備え早めの就寝 




      


  • Posted by Ms Lemon at 09:26Comments(0)

    2018年05月09日

    オーストリア鉄道でザンクト・アントンへ。

    インスブルックからザンクトアントンへ
    約1時間のオーストリア鉄道の旅


    インスブルック 17:48発

    (RJ166 チュリーッヒ行き)


    列車内の掲示板・・・到着時刻がわかる、優れもの!


    インスブルック駅でサンドイッチ、ラズベリー(懲りずに)購入。
    1等車は空き空き、テーブル席でゆったり快適。


    車掌さんからお菓子のサービス。
    とっても美味しかったので、お土産に買おうと思い、車掌さんに列車内で買えるか聞くと、
    ”More?" との返事・・・???
    ニコッと笑って”Yes."
    10分ほど経ってから、お菓子を持ってきてくれた。
    「どこで買えるの?」 ともう一度聞くと、
    ”I don't know.”
    家族は嘲笑、さすがレモンおばさん、恥ずかしい・・・と。


    ザンクト・アントン 19:07 着

    小さなかわいい駅です。

    川を渡り

    路地を上って

    メインの通りをまっすぐ・・・


    ホテル到着!

    ファミリールーム・・・Lovely face05




    ソファも超カワ(・∀・)イイ!!



    実はこのモンタナホテル・・・
    唯一予約金を払い不安だったホテル。
    受け付けのスタッフは超美人のお姉さん、
    分かり易い切れの良い英語で手際よくチェックイン終了。
    不安は一掃、
    チロルのかわいい村、ザンクト・アントンが大好きになった icon06






      


  • Posted by Ms Lemon at 18:42Comments(0)

    2018年05月08日

    インスブルックでショッピング in オーストリア

    インスブルック
    チラッと観光&超かけっこショッピング icon16icon16icon16
    標高2000mを超えるアルプスの山々に囲まれたオーストリアチロル州の州都。
    15世紀の建物が残る古都、旧市街が素晴らしい。
    冬季オリンピック開催(1964年と1976年)で有名。

    ケーブルカーを降りて、プチ観光とショッピングに。
    王宮・・マリアテレジアが「アルプスの小さなシェーンブルン」と呼んだ。
    インスブルックカードで無料。・・・残念、時間がない face07


    州立劇場




    マリアテレジア通り


    「地球の歩き方」で見た『ティロラー・ビーネンラーデン』
    チロル生まれのハチミツのお店。
    ブログで読んだ、ハンドクリームが目当て。
    ハンドクリーム、スタッフおすすめのフェイスクリーム、ハチミツ石鹸購入。
    ハチミツ石鹸最高!泡立ち・香りが素晴らしい・・


    素敵な街並み。お隣はチロルショップ・・可愛いチロルのグッズが並ぶ。


    マリア・テレジア通りとアンナ記念柱・・・街並みとノルトケッテの山々背景にした絶好の撮影ポイント!


    黄金の小屋根・・・インスブルック旧市街の象徴。
    インスブルックカードで無料・・・残念、時間がない
    パッチャーコーフェルからインスブルックの街を見るとキラキラと光っているものが・・この黄金だった!




    旧市街・・・観光客でいっぱい。
    土産物店で指ぬき・マグネット・布製カレンダー購入。迷っている間もない。


    №193 インスブルックの指ぬき(ノルトケッテ連峰・イン川・高山植物・山小屋)


    №194 黄金の小屋根



    帰りはちょっと迷った・・・時間がないのにface08ホテルまでダッシュface08
    イン川を渡って


    ホテル到着 17:10


    ホテルからタクシーでインスブルック駅へ。

    とっても楽しく忙しい一日だった・・・
    インスブルックはまた来たい場所、三位以内に入る印象的な観光名所 icon06

      


  • Posted by Ms Lemon at 16:22Comments(0)

    2018年05月06日

    絶景一人占め! ハーフェレカー展望台

    ハーフェレカー
    インスブルックの街の北にそびえるノルトケッテ連峰、
    2000m下のインスブルック市街地を見ることが出来る展望台。
    標高2334m

    ロープウェーから降りて外に出ると、インスブルック市街地が真下に。
    そして、午前中にハイキングしたパッチャーコーフェルも見える。




    ロープウェー乗り場からハーフェレカー展望台へ。
    おおっ、すごい!
    ここまで来たら登るしかない・・・捻挫なんて言ってられない。


    15分程急坂を上る。
    道は整備されているが・・・動物たちの落とし物がいっぱいで踏まないように歩くのが超大変。


    下を見ると足がすくむ・・・






    ハーフェレカー展望台到着!


    絶景!

    絶景!

    絶景!

    絶景!


    足元だけを見てゆっくりと下る・・・転がってしまいそう~(@_@)


    帰りのロープウェー
    何と下からロバが乗ってきた・・・
    かぐわしい匂いが充満のロープウェーに苦笑 face07 自由です!


    フンガーブルクバーン ケーブルカーで市街地へ。



    パッチャーコーフェルとハーフェレカー、2つの素晴らしい名所をインスブルックカード利用で気軽に楽しめることができてまるで夢のよう!
    観光先進国オーストリア、実感です!


      


  • Posted by Ms Lemon at 21:41Comments(0)

    2018年05月03日

    すごい!インスブルックカードは便利でお得!ケーブルカーとロープウェーに乗ってハーフェレカーへ。

    ノルトケッテ連峰の展望台、ハーフェレカー(標高2334m)へ。
    Nordkettenbahanenノルトケッテバーン
    (展望台へ行く3つの乗り物の総称)
    Hungerburgbahn フンガーフルクバーン (最新式ケーブルカー)
    Seegrubebahn ゼーグルーベバーン (ロープ―ウェー)
    Hafelekarbahn ハーフェレカーバーン (ロープウェー)
    3つの乗り物を乗り継いで展望台へのぼる。
    インスブルックカード利用。

    インスブルック旧市街を歩いてケーブルカー乗り場へ。14:08










    登山用スティックで捻挫した足をかばいながら必死で歩く・・・Nordkettenbahanenノルトケッテバーンの標識を発見。あと少し!


    入り口だ―!


    ケーブルカー乗り場へ到着。14:20
    若者たちのグループが並んでいる。
    インスブルックカードでケーブルカー・ロープウェーにすべて乗ることが出来る・・・太っ腹カード!!

    一番前に立つ・・・納得の「最新式」ケーブルカー、かっこいい!

    イン川の橋の所で地上に出る。

    イン川

    ゼーグールベバーンのロープウェーから・・・遥か向こうにノルケッテ連峰が。


    Seegrubeでロープウェーに乗り換える。14:52

     

     景色が一変・・・頂上駅が見えている、すごい!


    インスブルックの市街地が見えた!

    終点 到着!15:00


    ハーフェレカーの展望台へ。ワクワクicon06



      


  • Posted by Ms Lemon at 09:30Comments(0)

    2018年05月01日

    オーストリア人お勧めのレストランでランチ

    レストラン 『Schutzhaus Patscherkofel』 
    石造り、風景にマッチしている。
    ロープウェー乗り場から見たレストラン。


    レストランの入り口:本日のお料理が書いてある?たぶん。


    レストラン一の眺望最高の席に・・・


    窓からの眺め


    メニュー・・・見てもよくわからないが。


    ぜーんぶ美味しい・・・オーダー大正解


    チロル料理:ポテトとキノコ料理 12€


    チロルスープ(大きな肉団子入り) 5€


    チロルスープ 4.8€


    ビール3.8€ ミネラルウォーター2.9€(×3)
    今日のランチ 35€ なり。

    *捻挫の足は、
    洗面所で濡らしたタオルで冷やす。
    アルプスの氷河の水?超冷たい!気持ちがいい!
    痛みがすこし緩和された・・・icon22

    ロープウェー乗り場へ。


    時計は13:24~ 約4時間 チロルハイキング満喫!


    帰りのロープウェー・・・乗客は7人。 ロープウェーからの眺めをゆったり楽しむ。


    イグルス村到着 13:40


    ロープウェー乗り場でバス待ち


    ポストバスでインスブルックへ。

    地球の歩き方(2017~18)
    ウィーンとオーストリア

    『オーストリア アルプスハイキングの楽しみ方』
    をじっくり読んで準備。
    現地では
    『インスブルックおすすめハイキングコース』
    を参考に、ガイド文を頼りに行動。

    インスブルックの人たちの「庭先にある山」のハイキングを旅行者の私たちも楽しむことが出来た。
    大パノラマを楽しんだだけでなく、チロルの人たちの温かい人柄にも触れることができた最高のハイキングだった。
    特に、ご年配の人たち(ハイカーの7割)の素敵な笑顔が印象的。
    70歳を過ぎても楽しめるハイキングコース、また来てみたい!!

    追伸・・・
    ロープウェー頂上駅に着いてから、オヤジはずっとビデオを撮り続けていた・・
    ところが、ほとんど録画されておらず、がっかり。
    あるある話で、帰国後盛り上がった・・・face07






      


  • Posted by Ms Lemon at 17:27Comments(0)